• 2021年12月7日

外国人労働者の受け入れ方法とは?メリットや注意点を知って良い人材を集めよう!

人手不足を解消するために外国人雇用を検討している企業が増えています。ただし、雇用の流れが日本人のと異なる点もあるので、外国人雇用を始める前にしっかりと抑える必要があります。この記事では、外国人雇用における4つステップを順に追って解説を行います。

  • 2021年12月7日

外国人労働者の受け入れに係るデメリットを解説

外国人雇用において、優秀人材の確保や人手不足の解消などのメリットがあるものの、専門知識が必要や文化や言語の壁にによる価値観の不一致、日本人採用より多くのコストがかかるなどのデメリットもあります。外国人雇用を成功させるために、デメリットもしっかりと把握しましょう。

  • 2021年12月7日

メリットが多い外国人雇用は積極的に取り入れるべき経営戦略!注意点もチェック

注目が集まってきている外国人雇用。人手不足解消のほか、多言語対応によるグローバル化や新しいアイデアが生まれるなどのメリットもあります。この記事では、外国人雇用のメリットをくわしく解説します。加えて外国人雇用における注意点も説明します。

  • 2021年12月7日
  • 2021年12月7日

登録支援機関とは?役割や費用についてくわしく解説

特定技能外国人を雇用するには知っておきたい「登録支援機関」。特定技能所属機関の代わりに外国人に対して支援項目を実行できる機関なので、注目が集まっています。ただし、登録支援機関の利用にあたって高額な委託費用が発生してしまうというデメリットもあります。この記事では、登録支援機関の役割と費用感についてくわしく解説します。

  • 2021年12月7日
  • 2021年12月7日

在留資格「特定技能」とは?メリットや実習制度との違いなどについて解説!

深刻な人手不足を解消するために、2019年に国が特定技能制度を設立しました。その制度により、一定程度の技能水準と日本語能力を持ち、単純労働の従事が認められる外国人労働者の採用が可能となります。この記事では、特定技能制度と今までの外国人雇用制度との違いについてくわしく説明します。

  • 2021年12月7日
  • 2021年12月7日

登録支援機関になるにはどうすればいい?申請方法から注意点まで徹底解説!

登録支援機関になるには出入国在留管理庁への申請が必要です。申請にあたる書類がたくさんあるので、十分に注意しないと抜け漏れが発生してしまう可能性があります。この記事では登録支援機関になるための申請方法や必要や書類について解説します。登録支援機関になりたい個人や民間企業は必ず抑えておきましょう。

  • 2021年11月24日
  • 2021年12月1日

外国人労務管理クラウドシステム『ビザマネ』がリニューアル!無料で使える機能が拡大!

人材サービスを主力とする株式会社ウィルグループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長 大原 茂)は、『在留カード偽造チェックアプリ』において、2021年1月13日(水)より新たにiOS版での提供を開始し、外国人雇用企業向けのクラウド労務管理システム「ビザマネ」と連携ができるようになりました。

  • 2021年9月7日
  • 2021年11月18日

外国人留学生をアルバイト採用・新卒採用したい!注意点とやるべき手続きも

企業の人手不足を解消するために、外国人留学生の採用は方法のひとつとなっております。留学生はアルバイトとしても新卒の正社員としても雇用できますが、それぞれに確認・注意しないといけない点があります。この記事では、外国人留学生の雇用にまつわるポイントについて詳しく解説します。

  • 2021年8月18日
  • 2021年12月1日

登録支援機関とは?役割や選び方、費用|「特定技能」雇用企業必見!

登録支援機関とは、1号特定技能外国人の受け入れ企業の代わりに、外国人に対する職場や生活支援を行う機関です。登録支援機関によって支援範囲や対応できる言語が異なるので、自社のニーズに合う支援機関を選択するのが大事です。この記事では、登録支援機関の役割や費用感、選び方についてくわしく解説します。

  • 2021年7月28日
  • 2021年8月4日

外国人労働者の在留資格の変更・期間更新について!企業側は何をすべき?

外国人労働者が日本で働き続けるには、在留資格に変更があったり、在留期間の更新だったりした際、必ず出入国在留管理庁に申請しなければなりません。ただ、手続きが紛らわしくよくわからないと感じる担当者もいるでしょう。この記事では、在留資格変更と在留期間更新の違いと、申請手続きの流れや必要書類についてまとめました。

CATEGORY カテゴリ最新