• 2021年1月14日
  • 2021年1月14日

在留カード偽造チェックアプリがバージョンアップしてiOS版に登場!クラウド労務管理システム「ビザマネ」と連携可能に

人材サービスを主力とする株式会社ウィルグループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長 大原 茂)は、『在留カード偽造チェックアプリ』において、2021年1月13日(水)より新たにiOS版での提供を開始し、外国人雇用企業向けのクラウド労務管理システム「ビザマネ」と連携ができるようになりました。

  • 2020年12月18日
  • 2021年1月14日

ビザマネの在留カード偽造チェックアプリに新機能|その場で就労可能か判別できる『就労可否判断機能』を2021年2月に追加!

人材サービスを主力とする株式会社ウィルグループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長大原茂)は、外国人雇用企業向けの労務管理クラウドサービス「ビザマネ」の追加機能として、外国人アルバイトを採用する際に、応募者が就労可能かどうかを簡単に判別できる『就労可否判断機能』を、2021年2月より提供開始します。

  • 2020年9月30日

外国人アルバイトの28時間管理システム『アワマネ』と勤怠管理システム『KING OF TIME』がAPI連携

人材サービスを主力とする株式会社ウィルグループが展開する外国人非正規雇用に特化した就労時間管理システム『アワマネ』は、株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供するクラウド型勤怠管理システム『KING OF TIME』とのAPI連携を9月29日より開始しました。

  • 2020年7月7日
  • 2020年10月5日

要注意!出回っている偽造在留カードの最新情報

外国人を雇用する際に行う確認や必要書類の作成はすべて提示された在留カードに基づくもの。しかし、それが偽造となるとたとえ気付かなかったとしても雇用主は「不法就労助長罪」に問われます。特に最近は、本物と見分けがつかないような偽造在留カードが出回っています。どのような特徴があるかとまとめました。

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月26日

介護分野の特定技能外国人の受け入れ要件

人員不足が深刻な介護分野で、即戦力が期待できる外国人を受け入れるために「特定技能」という在留資格があります。特定技能外国人は、一定以上の技能水準と日本語水準があることが認められています。介護分野の特定技能外国人を受け入れるための要件を知り、即戦力となる外国人の雇用に繋げましょう。

  • 2020年6月24日
  • 2020年6月25日

特定技能評価試験|業種別の解説と実施状況

「特定技能」に申請するには、「特定技能評価試験」に合格しなければなりません。合格した外国人は3年以上の職務経歴がある人と同等以上の技能水準を持っていると認定されます。では、どのような試験で認定されるのでしょうか。試験の内容や実施状況、合格率から見てみましょう。