CATEGORY

不法就労を防ぐ

  • 2021年5月20日
  • 2021年9月7日

不法就労助長罪とは?知らなかったも処罰対象!防ぐ対策を徹底解説

不法就労の外国人を働かせてしまうと、企業の経営者や現場の責任者が不法就労助長罪に問われる可能性があります。この記事では、不法就労助長罪にあたる3つのケースを検挙事例を交えながら解説します。また、不法就労助長罪にならないための対策:在留カードと在留資格の確認や在留期限の管理などについても詳しく説明します。

  • 2021年3月19日
  • 2021年9月7日

不法就労の外国人を雇ってしまったら!?外国人雇用のリスクと回避方法

不法就労の外国人を雇用した場合、外国人だけでなく企業も罪に問われる可能性があります。そうならないための最大のポイントは在留カードの確認。就労制限や資格外活動許可の有無、さらには在留カードが偽造ではないかのチェックまでを徹底的に解説します。

  • 2021年1月25日
  • 2021年7月15日

【2021年5月更新】要注意!出回っている偽造在留カードの最新情報

外国人を雇用する際に行う確認や必要書類の作成はすべて提示された在留カードに基づくもの。しかし、それが偽造となるとたとえ気付かなかったとしても雇用主は「不法就労助長罪」に問われます。特に最近は、本物と見分けがつかないような偽造在留カードが出回っています。どのような特徴があるかとまとめました。

  • 2020年5月13日
  • 2021年9月7日

【決定版】在留資格一覧表|全29種類と就労可否まとめ

在留資格とは、外国人が日本で滞在できる証明です。外国人が日本に来る前にその目的を国に提出します。審査後に適切な在留資格を付与します。在留資格によって、日本で従事できる活動が変わります。それ以外の活動をしてしまうと、不法就労になってしまうので自社で雇用できるかを必ず確認しましょう。

  • 2020年4月23日
  • 2021年6月27日

外国人雇用を知る|注意点と在留資格をチェック

外国人雇用のルールが多岐にわたっていることをご存知でしょうか?不本来就労できない外国人を雇用してしまうと「不法就労」させたこととなり罰が科される可能性もあります。そうならないように、外国人雇用の注意点や雇用可能な在留資格を確認しましょう。

  • 2020年3月31日
  • 2021年9月3日

在留カードとは「在日外国人の身分証明書」

日本にいる中期滞在する外国人は「在留カード」を持っています。これは、その人がなぜ日本に来たのかを表す大切な身分証明書になっており、公的証明書です。これを見れば、日本で働くことができるかを確認できます。偽物による被害も増えているので注意しましょう。