CATEGORY

在留資格

  • 2020年6月10日
  • 2020年6月11日

在留資格「特定技能」を徹底解説 | 雇用の流れと注意点

2019年4月に設立された在留資格「特定技能」では、人手不足が厳しい14の特定産業分野において雇用が可能となりました。「特定技能」を持つ外国人はどの程度の知識や経験を持っているのか、また雇用する流れや必要事項を詳しく解説します。また、間違われやすい在留資格「技能実習」との違いも見てみましょう。

  • 2020年5月22日

ビルクリーニング分野の特定技能外国人雇用

2019年に設立された「特定技能」という在留資格で、ビルクリーニング分野で雇用できる外国人が増えました。彼らは技能と日本語水準が一定以上あると認められているので即戦力が期待されますが、制限もあるので注意が必要です。

  • 2020年5月15日
  • 2020年5月15日

在留資格「経営管理」の申請のポイント

外国人が日本で会社を立ち上げる場合「経営管理」の在留資格を取得する必要があります。「経営管理」の在留資格を取得するには外国人が経営者や管理者になれる経歴・能力を有していること、また、行う事業の継続性と、事業所の場所の確保も審査の基準となります。

  • 2020年5月15日
  • 2020年5月15日

農業で雇用できる外国人の在留資格まとめ

農業における、労働者の不足と高齢化が問題となっています。人材を確保する1つの解決策として、外国人雇用があげられます。ただし、農業に就労するにあたって、該当する在留資格を取得している外国人のみ、雇用することができます。日本の農業に就労できるのは、主には5種類ありますそれぞれの就労制限や特徴が違うので確認しましょう。

  • 2020年5月15日
  • 2020年6月10日

特定技能の特定産業分野と外国人が従事する業務

2019年4月、特定技能という在留資格が新設されました。それにより、人手不足が厳しい業界で、一定程度の技能・知識を有する外国人労働者を受け入れることが可能となりました。2020年5月時点で、14もの特定産業分野があります。それぞれ従事できる業務が異なるため、きちんと確認しましょう。

  • 2020年5月13日
  • 2020年5月13日

【決定版】在留資格一覧表|全29種類と就労可否まとめ

在留資格とは、外国人が日本で滞在できる証明です。外国人が日本に来る前にその目的を国に提出します。審査後に適切な在留資格を付与します。在留資格によって、日本で従事できる活動が変わります。それ以外の活動をしてしまうと、不法就労になってしまうので自社で雇用できるかを必ず確認しましょう。

  • 2020年5月11日

1号特定技能外国人支援計画の必要項目

特定技能1号とは、特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人に与えられる在留資格です。1号特定技能外国人を雇用するには、1号特定技能外国人支援計画が非常に重要となります。支援計画を立てない場合、もしくは外国人への支援が不十分である場合、外国人の受け入れが不可となる可能性があるので、必要事項を確認しましょう。

  • 2020年5月1日
  • 2020年5月7日

素形材産業の特定技能外国人雇用

2019年に設立された「特定技能」という在留資格で、素形材産業分野で雇用できる外国人が増えました。彼らは技能と日本語水準が一定以上あると認められているので即戦力が期待されますが、制限もあるので注意が必要です。

  • 2020年4月27日

外食業技能測定試験とは|外食業における「特定技能」

特定技能外国人が一定程度の技能・知識を持っているかの評価基準は、外食業界の場合「外食業技能測定試験」に合格できるかどうかにより決定します。外食業技能測定試験とはどのような試験なのか、合格するとどのようなスキルが身に付くのかをまとめました。