CATEGORY

外国人雇用を知る

  • 2021年6月2日
  • 2021年6月21日

8分でわかる!「特定技能」とは?雇用方法や注意点、「技能実習」との違いも

「特定技能」は日本国内の人手不足を解消するため設立された、一部の単純労働が認められている初の在留資格です。特定技能外国人の雇用にあたって彼らへの支援や企業の義務などについて注意を払う必要があります。この記事では、「特定技能」の基礎知識のうえ、ほかの在留資格との違いや受け入れに関する注意点について詳しく解説します。

  • 2021年4月27日
  • 2021年6月21日

外国人労働者雇入れのメリットと課題は?採用方法や手続きも徹底解説

労働人口の不足が深刻となっている中、外国人労働者の重要度が高まっています。人手不足解消のほか、外国人雇用によって社内の活性化や社員のコミュニケーション力向上などの効果も期待できるでしょう。この記事では外国人労働者受け入れのメリット、また関連する課題や独自な採用と管理方法について徹底的に解説します。

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月26日

介護分野の特定技能外国人の受け入れ要件

人員不足が深刻な介護分野で、即戦力が期待できる外国人を受け入れるために「特定技能」という在留資格があります。特定技能外国人は、一定以上の技能水準と日本語水準があることが認められています。介護分野の特定技能外国人を受け入れるための要件を知り、即戦力となる外国人の雇用に繋げましょう。

  • 2020年6月24日
  • 2020年6月25日

特定技能評価試験|業種別の解説と実施状況

「特定技能」に申請するには、「特定技能評価試験」に合格しなければなりません。合格した外国人は3年以上の職務経歴がある人と同等以上の技能水準を持っていると認定されます。では、どのような試験で認定されるのでしょうか。試験の内容や実施状況、合格率から見てみましょう。

  • 2020年6月23日
  • 2021年6月11日

【記入例付き】外国人雇用状況届出書の書き方・提出方法・期限の徹底解説

外国人雇用の中で日本人との違いのひとつ、「外国人雇用状況届出書」は雇用・離職時に必要となる書類です。提出されていないと罰金が科されます。書類様式が3つあることや契約状況により提出元が異なる、など「知らなかった」では済まされません。注意点含め、しっかり確認しましょう。

  • 2020年6月18日

技能実習生の受け入れ方法|受け入れ前の準備と流れ

近年、メディアでも取り上げられることの多い技能実習制度。技能実習生は、発展途上国の外国人が最長5年間で日本の技術を学び、母国で経済発展に役立てる目的で制定されました。どのように技能実習生を受け入れることができるのか、またそのために必要な事前知識をまとめました。

  • 2020年6月12日
  • 2021年6月21日

在留カード更新はいつ?|必要書類とタイミングを解説

日本に中長期滞在している外国人には、日本にいることができる期限があることをご存知でしょうか。在留期限を過ぎている外国人は、日本に滞在することができません。そのため外国人雇用の際は、在留期限を事前に確認する必要があります。そこで、在留カードの見方や更新について、またおすすめの雇用時のチェック方法などを解説します。