CATEGORY

選考や面接

  • 2020年6月18日
  • 2021年6月27日

技能実習生の受け入れ方法|受け入れ前の準備と流れ

近年、メディアでも取り上げられることの多い技能実習制度。技能実習生は、発展途上国の外国人が最長5年間で日本の技術を学び、母国で経済発展に役立てる目的で制定されました。どのように技能実習生を受け入れることができるのか、またそのために必要な事前知識をまとめました。

  • 2020年5月20日
  • 2021年6月27日

特定技能雇用契約への記載事項まとめ

特定技能外国人を受け入れる際、特定技能雇用契約を締結しないといけません。契約には所定労働時間や報酬などの記載が必要となり、不備がある場合は契約が無効となる可能性が高くなります。また、契約を結ぶ際に外国人に契約の内容を十分に理解してもらう必要があります。そのため、外国人の母国語や英語で特定技能雇用契約を作成するしましょう。

  • 2020年4月23日
  • 2021年6月27日

「高度専門職」の外国人材を雇用するメリット

高度外国人材の受け入れを促進するため、「高度専門職」という在留資格が設立されました。ほかの在留資格より就労内容や在留期限が緩和されています。高度専門職の種類、ポイント制、雇用のメリットをまとめました。

  • 2020年4月13日
  • 2021年6月27日

「建設分野特定技能評価試験」とは

建設業で外国人を雇用するひとつに、特定技能という在留資格があります。それに合格するためには、技能水準を測る「建設分野特定技能評価試験」に合格しなくてはいけません。試験内容と合格後の業務内容について解説します。

  • 2020年3月30日
  • 2021年6月27日

「特定技能」外国人の雇用流れ|海外から外国人を呼び寄せる場合

14の人手不足厳しい分野において「特定技能」の在留資格が新設されました。それにより、一定程度の技能・知識を有して即戦力として働ける外国人を受け入れることが可能になりました。海外から外国人を「特定技能」保持者として呼び寄せる場合の手続きをまとめました。

  • 2020年3月23日
  • 2021年6月27日

外国人雇用管理をミスなく確実に実施する方法

外国人を雇用する際にミスや漏れがあると「不法就労助長罪」になる可能性があります。しかし、それらを間違いなくェックすることや公共機関に必要書類を提出することなど非常に手間がかかることも事実です。チそうならないためにも、外国人を雇用する際やその後も含めミスなく管理する方法を紹介します。