CATEGORY

不法就労対策

  • 2021年3月19日
  • 2021年7月8日

不法就労の外国人を雇ってしまったら!?外国人雇用のリスクと回避方法

不法就労の外国人を雇用した場合、外国人だけでなく企業も罪に問われる可能性があります。そうならないための最大のポイントは在留カードの確認。就労制限や資格外活動許可の有無、さらには在留カードが偽造ではないかのチェックまでを徹底的に解説します。

  • 2021年1月25日
  • 2021年7月15日

【2021年5月更新】要注意!出回っている偽造在留カードの最新情報

外国人を雇用する際に行う確認や必要書類の作成はすべて提示された在留カードに基づくもの。しかし、それが偽造となるとたとえ気付かなかったとしても雇用主は「不法就労助長罪」に問われます。特に最近は、本物と見分けがつかないような偽造在留カードが出回っています。どのような特徴があるかとまとめました。

  • 2020年3月30日
  • 2021年6月27日

外国人を不法就労させないための2つの確認

近年、外国人雇用の機会が多くなってきました。しかしなかには「不法就労」に該当する場合があります。そのような外国人を雇用しないためにも在留カードが本物であるかどうか、そして就労制限の有無を確認する必要があります。

  • 2020年3月23日
  • 2021年6月27日

偽造された在留カードを利用させないために

近年横行している「偽造在留カード」の利用。アナログな見分け方とおすすめサービスを紹介します。わからなかったから仕方ないでは済まされず、万が一持っている人を雇ってしまった場合は犯罪になってしまいます。そうならないために必要な知識はもっておきましょう。

  • 2020年3月23日
  • 2021年6月27日

外国人雇用管理をミスなく確実に実施する方法

外国人を雇用する際にミスや漏れがあると「不法就労助長罪」になる可能性があります。しかし、それらを間違いなくェックすることや公共機関に必要書類を提出することなど非常に手間がかかることも事実です。チそうならないためにも、外国人を雇用する際やその後も含めミスなく管理する方法を紹介します。

  • 2020年3月18日
  • 2021年7月8日

在留カードで簡単に就労可否を見分けられるコツ

在留資格や就労制限を持っていない外国人を雇用すると「不法就労助長罪」になります。採用可否については一見難しいように見えますが、実は法則がわかれば簡単です。この記事では、「在留カード」で就労可否が判断できる方法を紹介します。