CATEGORY

特定技能

  • 2021年8月18日

登録支援機関とは?役割や選び方、費用|「特定技能」雇用企業必見!

登録支援機関とは、1号特定技能外国人の受け入れ企業の代わりに、外国人に対する職場や生活支援を行う機関です。登録支援機関によって支援範囲や対応できる言語が異なるので、自社のニーズに合う支援機関を選択するのが大事です。この記事では、登録支援機関の役割や費用感、選び方についてくわしく解説します。

  • 2021年6月2日
  • 2021年8月6日

8分でわかる!「特定技能」とは?雇用方法や注意点、「技能実習」との違いも

「特定技能」は日本国内の人手不足を解消するため設立された、一部の単純労働が認められている初の在留資格です。特定技能外国人の雇用にあたって彼らへの支援や企業の義務などについて注意を払う必要があります。この記事では、「特定技能」の基礎知識のうえ、ほかの在留資格との違いや受け入れに関する注意点について詳しく解説します。

  • 2020年6月26日
  • 2021年8月6日

介護分野の「特定技能」|受け入れ現状・要件・方法・注意点を詳しく解説

人員不足が深刻な介護分野で、即戦力が期待できる外国人を受け入れるために「特定技能」という在留資格があります。特定技能外国人は、一定以上の技能水準と日本語水準があることが認められています。介護分野の特定技能外国人を受け入れるための要件を知り、即戦力となる外国人の雇用に繋げましょう。

  • 2020年6月24日
  • 2021年6月27日

特定技能評価試験|業種別の解説と実施状況

「特定技能」に申請するには、「特定技能評価試験」に合格しなければなりません。合格した外国人は3年以上の職務経歴がある人と同等以上の技能水準を持っていると認定されます。では、どのような試験で認定されるのでしょうか。試験の内容や実施状況、合格率から見てみましょう。

  • 2020年5月20日
  • 2021年6月27日

特定技能雇用契約への記載事項まとめ

特定技能外国人を受け入れる際、特定技能雇用契約を締結しないといけません。契約には所定労働時間や報酬などの記載が必要となり、不備がある場合は契約が無効となる可能性が高くなります。また、契約を結ぶ際に外国人に契約の内容を十分に理解してもらう必要があります。そのため、外国人の母国語や英語で特定技能雇用契約を作成するしましょう。

  • 2020年5月15日
  • 2021年6月27日

特定技能の特定産業分野と外国人が従事する業務

2019年4月、特定技能という在留資格が新設されました。それにより、人手不足が厳しい業界で、一定程度の技能・知識を有する外国人労働者を受け入れることが可能となりました。2020年5月時点で、14もの特定産業分野があります。それぞれ従事できる業務が異なるため、きちんと確認しましょう。

  • 2020年5月11日
  • 2021年8月6日

「特定技能」の支援計画とは?必須10項目や実施方法を徹底解説

特定技能1号とは、特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人に与えられる在留資格です。1号特定技能外国人を雇用するには、1号特定技能外国人支援計画が非常に重要となります。支援計画を立てない場合、もしくは外国人への支援が不十分である場合、外国人の受け入れが不可となる可能性があるので、必要事項を確認しましょう。

  • 2020年4月24日
  • 2021年6月27日

「特定技能」に関する専門用語の解説

「特定技能」という在留資格が新設され、人手不足が厳しい業界で、一定程度の技能・知識を有する外国人労働者を受け入れることが可能となりました。この記事では、2018年に閣議決定された「特定技能の在留資格に係る制度の運用方針について」に関する専門用語と内容をまとめました。

  • 2020年4月14日
  • 2021年8月6日

「特定技能(1号・2号)」ビザの申請方法と取得要件を解説

外国人労働者で即戦力が期待される「特定技能」。その中で、特定技能1号とは特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格です。外国人が特定技能1号を取得するための申請方法や取得条件などを解説します。

  • 2020年3月30日
  • 2021年8月6日

「特定技能」外国人の雇用流れ|海外から外国人を呼び寄せる場合

14の人手不足厳しい分野において「特定技能」の在留資格が新設されました。それにより、一定程度の技能・知識を有して即戦力として働ける外国人を受け入れることが可能になりました。海外から外国人を「特定技能」保持者として呼び寄せる場合の手続きをまとめました。