1号特定技能外国人支援計画の必要項目

1号特定技能外国人支援計画の必要項目

在留資格「特定技能」とは、人手不足が厳しい業界で一定程度の技能・知識を有する外国人に与える在留資格です。「特定技能」には1号と2号があります。

その中で、特定技能1号とは、特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人に与えられる在留資格です。

1号特定技能外国人を雇用するには、1号特定技能外国人支援計画が非常に重要となります。支援計画を立てない場合、もしくは外国人への支援が不十分である場合、外国人の受け入れが不可となる可能性があるので、気をつけてください。

1号特定技能外国人支援計画とは

1号特定技能外国人支援計画とは、日本で働く1号特定技能外国人の、日常生活や社会生活への支援をどのように行うか策定するものです。

1号特定技能外国人を受け入れる企業は、1号特定技能外国人支援計画を作成して、外国人が十分に理解できる言語で説明します。また、作成後は計画書のコピーを外国人に渡す必要があります。

外国人に支援の経験がない場合、1号特定技能外国人支援計画の一部、または全てを業者に委託することは可能です。その場合、委託の範囲を支援計画書に明示しなければなりません。

1号特定技能外国人支援計画の支援項目

1号特定技能外国人支援計画には次の8項目を含まなくてはいけません。

  1. 外国人に入国前の情報を提供
  2. 外国人を送迎
  3. 生活に必要な契約に関することを支援
  4. 外国人に入国後の情報を提供
  5. 日本語学習を支援
  6. 苦情・相談を対応
  7. 日本人との交流を促進
  8. 「特定技能1号」外国人の再就職を支援

外国人に入国前の情報を提供

日本への上陸・在留に関する情報をすべて、外国人に提供する必要があります。また、来日する前に対面、もしくはテレビ電話などの方法で、外国人が充分理解できる言語で面談を行い、支援しないといけません。

外国人を送迎

外国人を港、もしくは空港から送迎する必要があります。

生活に必要な契約に関することを支援

賃貸契約をする際に、外国人の保証人となる必要があります。また、銀行口座の開設や携帯電話の利用の契約など、生活に必要な契約・手続きに係る支援もしなくてはいけません。

外国人に入国後の情報を提供

外国人が入国したあとに、定期的に面談を実施して以下の情報を提供します。

  • 日本での生活に関する情報。電車やバスの乗り方など。
  • 日本で居住するうえ、行うべき手続きに関する情報。住民登録や健康保険への加入手続きなど。
  • 外国人の相談や苦情を受けて、相談すべき国や地方公共団体の連絡先。
  • 外国人が充分に理解できる言語によって医療を受けられる医療機関の情報。
  • 防災、防犯、急病に関する必要な情報。

日本語学習を支援

日本で日本語を勉強する機会を提供しないといけません。

苦情・相談を対応

外国人から仕事上や日常生活や社会生活に関する相談を受けた際は、外国人に適切な助言や指導を行う必要があります。

日本人との交流を促進

交流会のようなイベントを行って外国人と日本人との交流を促進する必要があります。

1号特定技能外国人の再就職を支援

特定技能雇用契約を解除する場合、外国人が別の会社で就職できるように協力しないといけません。

その他の記載事項

外国人への生活支援の経験・知識がない企業は、企業自身で生活支援を行うことが難しい場合があります。その場合は、一部の支援項目を登録支援機関、もしくはほかの企業に委託することが可能です。

登録支援機関へ委託する場合、登録支援機関登録簿に書かれている事項と契約の内容を1号特定技能外国人支援計画に記載する必要があります。

ほかの企業へ委託する場合、1号特定技能外国人支援計画にその企業の事業主の名前、企業名、企業の住所、契約の内容を記載しないといけません。

まとめ

1号特定技能外国人を受け入れる場合、外国人の生活への支援が必要となります。事前に1号特定技能外国人支援計画の計画書を作成して、国と外国人に提出する必要があります。

支援計画に含む必要がある項目は、以下の8つです。漏れのないように気を付けましょう。

  1. 外国人に入国前の情報を提供
  2. 外国人を送迎
  3. 生活に必要な契約に関することを支援
  4. 外国人に入国後の情報を提供
  5. 日本語学習を支援
  6. 苦情・相談を対応
  7. 日本人との交流を促進
  8. 「特定技能1号」外国人の再就職を支援