CATEGORY

在留資格

  • 2020年4月24日
  • 2020年4月24日

「特定技能」に関する専門用語の解説

「特定技能」という在留資格が新設され、人手不足が厳しい業界で、一定程度の技能・知識を有する外国人労働者を受け入れることが可能となりました。この記事では、2018年に閣議決定された「特定技能の在留資格に係る制度の運用方針について」に関する専門用語と内容をまとめました。

  • 2020年4月23日

「高度専門職」の外国人材を雇用するメリット

高度外国人材の受け入れを促進するため、「高度専門職」という在留資格が設立されました。ほかの在留資格より就労内容や在留期限が緩和されています。高度専門職の種類、ポイント制、雇用のメリットをまとめました。

  • 2020年4月20日
  • 2020年4月23日

資格外活動許可とは?| 留学生雇用の注意点

留学生や家族滞在者などは、在留資格により原則として日本での就労は認められません。しかし、資格外活動許可を取得すれば、労働時間や就労内容の制限内で可能となります。雇用の際の注意点や、就労できない仕事内容などと一緒に詳しく見てみましょう。

  • 2020年4月14日
  • 2020年4月15日

特定技能1号の申請方法と取得条件

外国人労働者で即戦力が期待される「特定技能」。その中で、特定技能1号とは特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格です。外国人が特定技能1号を取得するための申請方法や取得条件などを解説します。

  • 2020年4月13日
  • 2020年4月23日

「建設分野特定技能評価試験」とは

建設業で外国人を雇用するひとつに、特定技能という在留資格があります。それに合格するためには、技能水準を測る「建設分野特定技能評価試験」に合格しなくてはいけません。試験内容と合格後の業務内容について解説します。

  • 2020年4月2日
  • 2020年4月23日

外食業分野の特定技能外国人雇用

2019年に設立された「特定技能」という在留資格で、外食業で雇用できる外国人が増えました。彼らは技能と日本語水準が一定以上あると認められているので、即戦力が期待されますが、制限もあるので注意が必要です。

  • 2020年3月31日
  • 2020年4月23日

農業分野の特定技能外国人雇用

「特定技能」という在留資格により、農業における外国人雇用の受け入れがしやすくなりました。「特定技能」の資格を有する外国人は、技能と日本語能力の水準が高く、即戦力が期待されます。しかし、その際の注意点などもあるのでしっかりと確認しなくてはなりません。

  • 2020年3月31日
  • 2020年5月11日

在留カードとは「在日外国人の身分証明書」

日本にいる中期滞在する外国人は「在留カード」を持っています。これは、その人がなぜ日本に来たのかを表す大切な身分証明書になっており、公的証明書です。これを見れば、日本で働くことができるかを確認できます。偽物による被害も増えているので注意しましょう。

  • 2020年3月30日
  • 2020年4月23日

「特定技能」外国人の雇用流れ|海外から外国人を呼び寄せる場合

14の人手不足厳しい分野において「特定技能」の在留資格が新設されました。それにより、一定程度の技能・知識を有して即戦力として働ける外国人を受け入れることが可能になりました。海外から外国人を「特定技能」保持者として呼び寄せる場合の手続きをまとめました。