外国人アルバイトの28時間管理システム『アワマネ』と勤怠管理システム『KING OF TIME』がAPI連携

人材サービスを主力とする株式会社ウィルグループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:大原 茂)が展開する外国人非正規雇用に特化した就労時間管理システム『アワマネ』(https://hourmane.com/)は、株式会社ヒューマンテクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役:恵志 章夫)が提供するクラウド型勤怠管理システム『KING OF TIME』とのAPI連携を9月29日より開始しました。これにより、日々の勤怠実績データの取り込みと28時間超過前のアラートメール送付を自動で行うことが可能になり、企業側の業務工数と雇用リスクを軽減します。

KING OF TIME×アワマネ

​連携することで便利になること

①勤怠データを“自動”で取り込む
『KING OF TIME』とAPI連携※1することで、本来であれば労務担当者が毎日手動でアップロードしなければならない勤怠実績のデータが自動で取り込まれます。それにより、労務担当者の手間や工数が削減されるほか、正確な勤怠管理をすることができます。

②28時間超過する前に“自動”でアラートが届く
1週28時間※2を超過しそうな従業員をシステム上でアラート表示するだけでなく、本部や店舗(事業所)にアラートメールが自動送信されます。システムを開かなくてもリアルタイムで労働時間を把握することができ、事前に超過勤務抑制のための施策を打つこととが可能なため、28時間管理のための工数がかからなくなります。

※1 API連携:API(アプリケーションプログラムインターフェース)を利用して自社システムと外部システムを連携させること。
※2 1週28時間:入管法第19条で定められている外国人アルバイトの勤務可能時間のこと。

利用イメージ

各サービス

■外国人労務管理システム『アワマネ』について
『アワマネ』は、 入管法第19条で定められた『資格外活動許可』を得て、1週28時間という制限内で就業可能となる外国人留学生や家族滞在を雇用する企業向けの労務管理システムです。毎日を起算日として、28時間超過の可能性がある従業員を把握しアラート表示するだけでなく、本部と店舗(事業所)へアラートメールが自動送信されるため、事前に超過勤務の抑制のための施策を打つこととが可能となります。
費用:1ユーザーあたり400円~/月(プランによって異なります)

アワマネURL: https://hourmane.com/

■クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」について

打刻データがリアルタイムにブラウザ上で管理出来るので「作業効率」と「コスト削減」の実現が可能です。 導入企業は22,000社以上、実利用者数は1,720,000人以上(2020年7月1日時点)と勤怠管理クラウド市場※シェアNo.1のサービスです。

KING OF TIME URL:https://www.kingtime.jp/

※シェアNo.1表記について
「KING OF TIME」は、2019年 富士キメラ総研調べ:勤怠管理Saas市場 利用ID数より

【両社会社概要】

社   名 : 株式会社ヒューマンテクノロジーズ
本   社 : 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス17F
設   立 : 2003年12月
代   表 : 代表取締役 恵志 章夫
資 本 金 : 19百93万円
U R L :  https://www.h-t.co.jp/

社   名 : 株式会社ウィルグループ
本   社 : 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー27階
設   立 : 2006年年4月
代   表 : 代表取締役社長 大原 茂
資 本 金 : 20億33百万円(2020年3月末現在)
従 業 員 数 : 4,488名(2020年3月期:連結)
U R L : https://willgroup.co.jp/

【導入検討企業様または、本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ウィルグループ
ウィルテクノロジーズ本部 テクノロジー推進部
アワマネ運営事務局  担当:木下(きのした)
TEL:03-6862-8021 (平日10:00-19:00)
MAIL: info_hourmane@willgroup.co.jp