CATEGORY

外国人雇用

  • 2020年4月10日
  • 2020年4月23日

「酒類販売業免許」とは?お酒の販売に必要な免許

日本でお酒の販売をする時は、酒税法により販売場の所在地の税務署から「酒類販売業免許」を取得する必要があります。販売先や販売方法によって分かれていて、「酒類卸売業免許」と「酒類小売業免許」の2種類あります。それぞれについて詳しく解説します。

  • 2020年4月9日
  • 2020年4月23日

「登録支援機関」に関する基礎知識|申請方法・要件や役割

1号特定技能外国人を受け入れるには、彼らの生活の支援をしなくてはなりません。その支援は受け入れ企業が行う場合もあれば、国が認めた「登録支援機関」で行うこともあります。この記事では、登録支援機関への登録、申請の方法や必要条件、役割などを解説します。

  • 2020年4月8日
  • 2020年4月23日

「法定調書合計表」とは|就労ビザ申請に大事な書類

就労ビザを新規申請、もしくは更新申請に「法定調書合計表」を提出しないといけません。法定調書合計表とは「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の略称です。税理士に提出を依頼している場合もありますが、外国人雇用にとっては非常に重要な小委です。どのようなものか詳しく説明します。

  • 2020年4月8日
  • 2020年4月23日

建設業で雇用できる外国人の在留資格まとめ

人材不足が顕著な建設業において、外国人材を雇用することは解決策のひとつ。建設業で雇用できる6つの在留資格についてまとめました。在留資格によって就労制限や特徴が違うのでしっかり押さえましょう。

  • 2020年3月31日
  • 2020年4月23日

在留資格に関する外国人雇用の基礎知識

外国人が日本に来る時は必ず「ビザ」が必要になります。一般的には、入国審査をする時の査証のことを指していますが「在留資格」を示す時に「就労ビザ」などと言うことがあります。それぞれの違いと、種類について確認しましょう。

  • 2020年3月30日
  • 2020年6月12日

外国人を不法就労させないための2つの確認

近年、外国人雇用の機会が多くなってきました。しかしなかには「不法就労」に該当する場合があります。そのような外国人を雇用しないためにも在留カードが本物であるかどうか、そして就労制限の有無を確認する必要があります。

  • 2020年3月30日
  • 2020年5月12日

福島県の外国人雇用の現状

日本中で外国人労働者が増えています。この記事では、「外国人雇用状況の届出」の提出状況(2019年10月時点)に基づいて、福島県の外国人雇用状況を国籍別、在留資格別、産業別などでまとめました。

  • 2020年3月30日
  • 2020年4月23日

在留資格「特定活動」の種類や雇用にあたる注意点のまとめ

外国人が日本で行う活動はさまざまで、現存する在留資格に分類できない場合があります。そのような活動に従事するために来る外国人に対して「特定活動」の在留資格を付与します。この記事では「特定活動」について、また雇用の際の注意点などをお伝えします。

  • 2020年3月27日
  • 2020年5月11日

広島県の外国人雇用の現状

日本中で外国人労働者が増えています。この記事では、「外国人雇用状況の届出」の提出状況(2019年10月時点)に基づいて、広島県の外国人雇用状況を国籍別、在留資格別、産業別などでまとめました。