特定技能雇用支援コンサルティング

貴社の特定技能雇用も、下記の悩みありませんか?

即戦力かつ一部の単純労働に従事できる外国人材「特定技能」。人手不足が深刻となっている今、最も注目されている制度です。しかし、雇用管理や毎月の登録支援機関への委託費用に悩んでいる企業もたくさんあるのではないでしょうか。

特定技能雇用に関する悩みはありませんか?

登録支援機関を通さなくても
特定技能外国人を雇用できる方法とは?

支援項目の内製化

特定技能外国人を雇用するには国が定めた10項目の生活・職業支援義務があります。それらの支援項目をすべて登録支援機関に依頼することがほとんどですが、実は自社で行うこと、つまり内製化が可能です!

内製化によって、登録支援機関に支払う毎月の委託費用がなくなります。また、社内に外国人支援のノウハウを蓄積し将来の外国人雇用に活かせるメリットもあります!

特定技能外国人の支援項目の内製化により、委託費用を抑えることができます!

支援項目の内製化って業務工数は増えないの?

実はあまり増えません!

まず特定技能の支援項目を再度見てみましょう。

支援業務内容の内訳

特定技能の支援項目を再度見てみましょう。

実は、雇用期間中に対応する項目は4つのみ!

特定技能外国人の支援項目の実施工数は毎月わずか7.5時間!

特定技能支援項目が内製化できれば……

特定技能外国人の支援項目の内製化のメリット3つ

内製化の実現可能性がわからない?

どこから始めるのかわからない?

ノウハウがないから不安?

ご安心ください!
貴社の内製化をフルサポート!

特定技能雇用支援コンサルティング
特定技能雇用支援コンサルティングコンサルタント

具体的なコンサルティング内容

  1. 特定技能支援項目の内製化体制作り
  2. 10項目の登録支援業務ノウハウ提供
  3. 内製化完了後の月々のアフターフォロー

※その他、特定技能雇用における相談もお受けしております。

まず、弊社のコンサルタントにご相談ください(無料)

※フォームが表示されない場合は、ブラウザのCookieを有効にしてください。